スポンサーリンク

自宅売却のタイミングと引越し時期を決める時の注意点

任意売却は競売と異なり、ある程度売却の時期や引越しのタイミングを調整することができます。ここでは引越しの時期に係わるいくつかのパターンを紹介します。

自宅を売りに出す前に引越ししたい

任意売却で売出す前に引越しをしたいと希望される方がおられます。

住みながらの売却活動になんとなく躊躇いを感じるようです。
やはり心のどこかに『売りたくないのに売らなくてはならない』という後ろ髪を引かれる思いがあるのかもしれません。

任意売却がスタートしますと、いずれは転居しなければなりませんので、早めに引越しされるのもいいと思います。
人生設計を新たに立てて、新しい生活の拠点に早めに馴染んで、次のステップにどんどん進んでいく方が気持ちも明るくなります。

売却前に引越しをする場合、あらかじめ理解しておいた方がよいことは、転居費用の件です。

任意売却での費用負担の中で、転居費用については原則的に認められていません。
ただし、売却価格の算定にあたって、交渉によっては特別に認めてくれる場合があるということです。

売却前に転居すると『売主さんが自分の費用で転居が出来た』ことになりますので、売却代金から転居費用を認めてもらうということが難しくなります。その点をある程度考えておく方がよいと思います。

ただし、過去の事例ですが、遠方へ転居した方の場合、単身赴任のご主人の元へ奥様が身の回りのものだけ持って転居し、売却後に残っていた家財道具の引越し費用を認めてもらったケースがあります。

ケースバイケースということだと思います。

売却時期を子供の新学期にしたい

任意売却で自宅を売却することになり、出来ればという条件ですが
『子供の新学期に合わせて引越しをしたい』と言われる方がいました。

任意売却は通常の中古住宅の販売と変わることがありません。
親しい方に「住宅ローンが払えなくて」とは説明できませんので、主人が転勤でとか、親の面倒をみることになったとか、やむを得ず売却して引越しをすることになったという体裁をとる場合があります。

そのような時、避けられないのがお子さんの通学先が変わるということです。
高校生や大学生では問題にならないと思いますが、小学校・中学校ではこの問題が発生します。

新学期に引越しをするということは
購入者に対し引渡しをする時期と、新学期のタイミングを合わせなければなりません。

任意売却の場合には、競売と異なり一方的にスケジュールが決まることはありません。
ある程度の期間であればタイミングを合わせることは可能です。

ただし、どうしても合わせられないケースもありますので、必ず出来るとは考えておかない方がいいと思います。

引越準備と内覧への対応~どちらが優先

任意売却がスタートすると、引越の準備も進めなくてはなりません。
転居先の検討や物件の下見の他に、引越し荷物の整理が大変です。室内はだんだんと足の踏み場も無くなるような状態になりますが、一方、内覧希望のお客様も迎えなければなりません。

忙しい中、いろいろと気を遣っているとストレスもたまってしまいます。
そんな時には「引越準備を優先させてください」と売主さんにお話ししています。

内覧する方には申し訳ないですが、一般的な物件よりは価格面で有利な任意売買物件ですので、住宅の隅々まで確認できないのはあきらめてもらっています。

瑕疵担保責任も免責とすることが一般的ですので、雨漏れとか床のきしみや揺れなど、後々問題になりそうなところを確認して、あとは多少の不具合はあるものと考えて購入するのが任意売買物件です。

「せっかくいらっしゃるのに・・・」とか「片付いていないのは恥ずかしい」とおっしゃる方は、年配の方に多いのですが、そのような日本人のおもてなしの心が、このような時にも無意識に出てくる売主さんを見ていると、ほのぼのとした気持ちになったりします。

まとめ

任意売却は通常の売却とほとんど変わりません。
売却活動が始まり購入希望者が現れた場合、引き渡し時期を話し合いによって決めます。その時に、ある程度売主さんの事情を理解してもらい、引き渡し時期の期限を長くすることは可能です。
ただし、債権者の承諾も必要ですので、常識的な範囲で融通を聞いてもらえるものと考えておいた方がよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする