スポンサーリンク

住宅ローンが払えないと破産しなければならないの

住宅ローンが払えなくなると破産するのでしょうか?
という質問がたまにあります。
ここでは、住宅ローンと破産について分かりやすくまとめてみました。

住宅ローンの滞納=破産にはならない

破産には自ら破産の申立をする自己破産と、他人つまり債権者から申立される債権者破産があります。
住宅ローンの滞納によって、債権者つまり銀行などの金融機関から破産申立を受けることはありません。
なぜなら、住宅ローンは融資をした物件(土地と建物)を担保として、抵当権の設定をしています。
住宅ローンの返済が出来ない場合には、担保物件を売却することによって、住宅ローンの残高すべて又は一部を回収できるからです。

住宅ローンに関係して破産になるケースとしては次のようなケースがありますが、ほとんどは自己破産を申立することになります。

  • 競売または任意売却によって担保物件を売却したが、残債が多くあり、債権者との間で返済方法について協議がまとまらず、多額の返済を請求されている
  • 住宅ローン以外にも債務があり、返済ができずしつこく督促されている

上のようなケースにあてはまらない場合には、破産になることはありませんし、仮にあてはまっても破産の申立を受けることはほとんどありませんので、自分で申立しない限りは破産にはなりません。

破産をするとどうなるか

破産の手続きは次のように進みます。


破産手続開始の申立

破産手続開始決定

破産債権確定手続

破産財団管理手続

破産手続終結の決定

免責と復権

難しそうな言葉が並びますが、要するに破産をする人に対して債権を持っている人や債権額を確定して、金銭に換えることができる資産を売却して、債権者に公平に配分し、残った債権については免責してもらい、元の状態に復権して終了します。

復権という言葉が使われていますが、破産手続き中は一定の権利に制限を受けます。

  • 財産の管理や処分ができない
  • 転居や長期の旅行には裁判所の許可が必要
  • 公的職業の管理者になれない

以前は破産手続き中は会社の代表者になれなかったのですが、商法改正により現在は可能になっています。

ただし、民法上の規定により一旦代表取締役を退任し、再度選任されるという手続きが必要

上に書いたケースは不動産などの資産があるケースです。
売却できる資産がない場合にはもっと簡単になります。


破産手続開始の申立

破産手続開始決定・破産手続終結の決定

免責と復権

破産手続開始と同時に破産手続きが終了します。これを同時廃止と言います。

住宅ローンに関係して債務整理をする場合、破産が避けられない場合には、先に任意売却で自宅を売却し、その後破産申立をすると同時廃止で破産手続は簡単に終わってしまいます。

自己破産が避けられないケース

任意売却を行おうとしたが出来ないとか、任意売却を進めた結果不調に終わり、自己破産が避けられないということもあります。

債権者及び抵当権者が複数おり、特に二番抵当権者が強行で、売却価格の折り合いがつかないとか、高値での売却を主張するようなケースでは、任意売却が成立しないことがあります。

債権者側の手続きとしては、競売に進みますが、債務者としては破産手続により、生活再建の道を探る方が早いこともあります。
場合によっては破産手続きを選択することがベターなこともあります。
破産のメリットはなんと言っても借金がすべて無くなるということです。

さてではデメリットはなんでしょうか?

破産のデメリット

破産をすると所有している資産は破産財団と言って、債権者への弁済に充てる資金になりますので、基本的には没収されます。
ただし、生活のために必要なものについては破産財団に組み入れられないので、評価額の少ない車や解約時返戻金が少ない生命保険などは、そのまま持っていても大丈夫です。

あとは、復権するまでは特定の職業に就けないということはありますが、それほど生活上において不便に感じるようなデメリットはありません。

クレジットカードは持てないかもしれません

金融機関からの融資は一定期間無理なので、車を買い換えるとなった時には現金で支払う用意が必要です。
5年から10年間ぐらいは新たな借金は難しいかもしれません。

銀行からの借入はいずれ出来るようになりますが、クレジットカードや信販系の分割払いは、将来とも難しいかもしれません。

というのはクレジット関係の審査では、意外なことによって審査が通らないことがあります。

その意外なことというのは
スーパーホワイトという要素が審査でひっかかることがあるのです。

スーパーホワイトとは
ある程度の年齢の社会人なのに、クレジット利用の履歴がまったく無い
という人のことです。

何らかのカードを持っていることが当たり前の時代です。
ガソリンをカードで給油するとか、スマートフォンの本体金額を分割払いで支払っているとか、毎月のようにクレジットの利用があり、きちんと返済もされているというのが、信用になっているわけです。
ところが、すごい年収が高い方でも、どんなにお金持ちでも、一度もクレジットの履歴がない方は、審査に関係するデータが無いため、審査のしようが無く、結果的にクレジットカードの審査が通らないということになってしまいます。

破産をするとこのようなスーパーホワイトと同じような状況になってしまいます。
つまり、過去10年間にクレジット利用履歴がまったく無い・・・スーパーホワイト・・・になってしまうのです。

破産のデメリットで最大のものがこれではないかと思います。