スポンサーリンク

不動産査定が高いほど高く売れるという恐ろしい誤解

不動産を売却する時には不動産会社に「いくらで売れるか?」を知りたくて不動産査定を依頼するのが一般的です。
すると不動産会社からは不動産査定書が提出されます。そこで、時々誤解が生まれるのですが、不動産査定価格は売却できる金額ではありません。

不動産査定価格の本当の意味

3社の不動産会社に査定を依頼すると、三者三様の査定書が出てきます。
そこでよくある間違いが・・・最も高く査定した会社に売却を依頼することです。

査定額は買取額とは異なりますから、高い査定価格だからと言って、高く売れることを保証してくれるわけではありません。
売却価格は最終的には、購入希望者と売主との妥協の産物として決まります。
時には査定額を大幅に下回った価格で売買されることもあります。その原因は・・・査定額が高過ぎたからです。そして、売却までにすごく時間がかかってしまいました。

売却依頼を受ける為の査定額はあてにならない

不動産会社が提出する不動産査定書には2種類あります。

  • 売れると思われる本当の価格が記載されている
  • 媒介契約ほしさに高い価格を記載している

この2種類の査定書があります。後者の査定書をあてにして媒介契約を結び、販売活動をしてもらった結果

  • 売れるまでにすごく時間がかかった
  • 査定額より大幅に価格が下がった

とこのような結果になってしまうのです。

不動産売却の基本的な手順

不動産売却の基本的な流れは以下のようになります。

査定依頼
3~4社に依頼をするケースが多いようです
物件調査
法務局や現地での調査を行います
不動産査定書
調査結果に基づいた査定書を提出します
媒介契約締結
売却を依頼する不動産会社と媒介契約を結びます
売却計画
販売活動方法など売却計画を立案します
販売活動
売却計画に基づいた販売活動を行います
購入希望者発掘
購入希望者が現れます
価格交渉
購入希望者と売買価格の交渉を行います
買受売渡承諾
買受売渡を双方が合意します
住宅ローン事前審査
住宅ローンなどの融資利用の場合には事前審査を行います
売買契約
事前審査承認の後、売買契約を結びます
住宅ローン本審査
金融機関に融資の本申し込みを行います
決済・引渡
融資が実行され決済と引き渡しを同時に行います

まとめ

不動産が売れるまでには長くかかることもあります。
長くかかる理由のほとんどは、需要とはかけ離れた価格設定が原因です。

当初に査定した価格がそもそも間違っていたというケースもあります。
媒介契約の締結を優先する為、売れもしない価格を査定で出すことが原因です。

査定価格の裏側にある意味をしっかり把握することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする