スポンサーリンク

新築そっくりさんってどうなの?~丸ごとリフォームするならどこがいいのか

新築そっくりさんなどの丸ごとリフォーム、リノベーションをうたうリフォーム会社が多くなっています。信頼できるのはどこなのでしょう?

新築そっくりさんの特徴

TVCMですっかりおなじみになっている住友不動産の新築そっくりさん。
阪神淡路大震災がきっかけになって生まれたリフォーム事業と言われています。

阪神淡路大震災では、木造家屋の倒壊などたいへん多くの被害を被りました。専門家の被害調査などによってある事実が浮かび上がってきました。

昭和56年に改正された新耐震基準以前の建物に被害が集中していたということです。
この事実によって、耐震補強の必要性が住宅リフォームの大きなテーマとして考えられるようになったのです。

新築そっくりさんのコマーシャルや、時々みかける折込チラシでは建替え工事の半分の工事費で新築同様に・・・というフレーズが強調されていますが、新耐震基準前の住宅を耐震補強し、ついでに水廻りなどの設備を交換して、建替えよりは割安なリフォーム工事を実現しようというのが、本来の特徴です。

工事の内容を検討していくと、ついでに直したい部分などが出てきますので、標準的なモデルケースよりは費用は多くなるようです。
おおよそですが、建替えの費用=工事費+解体+仮住まい+引越 の7割ぐらいになることも多いようです。

似たようなコンセプトのリフォーム事業を展開する会社も多くなっていますが、耐震補強がポイントです。

》》》失敗しないリフォーム会社選びなら「ホームプロ」
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする