不動産投資初心者がセミナーで学びたい失敗例と成功例

セミナー不動産投資を始めようとする方にとって、有力な情報源となるのが不動産投資セミナーです。
首都圏はもちろん全国主要都市でも、探すと毎月のように不動産投資セミナーの告知を見ることが出来ます。
貴重な時間をつかってのセミナー参加です。有意義な経験になるよう、不動産投資セミナーの活用方法などについてまとめてみました。

不動産投資セミナーとはどんなものか

  • 失敗・成功のポイント解説!投資用区分マンションセミナー
  • 定年時に純資産1.5億~5億円を築く不動産投資
  • 現役サラリーマン兼大家 ○○氏 登壇!王道の不動産投資!3つのポイント!
  • 『60分』でわかる!忙しい人のための不動産投資
  • 税理士相談【サラリーマン必見】安心“戸建賃貸経営”で大きなレバレッジを
  • 特典付き★賃料を3,000円上げる意味を理解していますか?
  • 最新融資状況と非公開物件をご紹介
  • ワークショップ形式で学ぶ 低金利時代に始めるマンション投資の魅力
  • 不動産投資で失敗しないための勉強会【節税の仕組み編】
  • 不動産投資で1,000万円得る方法
  • 買い進めるための不動産投資戦略
  • 年収2000万円以上の方のためのキャッシュフロー&節税戦略

上に挙げたのは、不動産投資専門のサイトに掲載されている、今月開催予定の不動産投資セミナーのタイトルです。3月9日10日の2日間、都内で行われるセミナーの一部です。

タイトルを見ても分かるように、様々な視点から不動産投資を切り取っています。対象となる物件のバリエーションが多く、それぞれで投資戦略が変わってくるものです。

  • 戸建中古
  • 区分所有ワンルーム中古
  • 区分所有ワンルーム新築
  • 区分所有ファミリー中古
  • 中古アパート
  • 新築アパート
  • 中古賃貸マンション
  • 新築賃貸マンション

物件バリエーションにさらに築年数ファクターが投資戦略を複雑にします。

  • 築10年以内
  • 築11~20年
  • 築20超

融資条件や転売時期など、検討する項目が増えてきて、取得費の最適解を求めるまでに複雑な計算をしなければなりません。

不動産投資セミナーに参加して最も感じることは“不動産投資の奥の深さ”のようで、わかりやすい説明に満足するとともに、もっと勉強しなければならないという強い思いが湧いてくるようです。

一方、セミナーを行う主催者には当然ですがセミナーの目的があります。

  • 投資用物件の販売や新築
  • 不動産購入資金の融資
  • 賃貸管理物件の獲得

といった直接的な顧客拡大から、長期的なフォローを前提としたファン育成を目的としているものです。
目的によって話の内容は変わりますし、セミナーを受ける人たちの受け取り方も変わってきます。

セミナーに参加する時には、その目的をあらかじめインプットしておいて、いわゆる“おいしい話”が出てきた時には、フィルターをかけて話を聞くという心構えも必要かも知れません。

セミナーで何を学ぶのか
セミナーの目的にかかわらず参加する以上は、どんなことを学ぶのか吸収するのかという、参加者としての目的を明確にしておくことが必要です。
  • 賃貸事業の実態を把握する
  • 投資物件の選別方法を会得する
  • 良い条件で融資が受けられるポイントを知る
  • 継続的な物件取得が可能になる条件を知る
  • 空室を無くすための管理会社対策
  • 不動産仲介会社の見分け方を知る

セミナーは一般的に1時間程度、長くても2時間です。
けして長くはない時間で得られることはそう多くはありません。
最低限の目的を持って臨みたいものです。

教えてくれない失敗例

不動産投資が初めての人にとって投資を始めようとすることは、期待と不安が入り混じった状態です。
その不安を取り除くには“失敗事例”を知っておくことです。

セミナーでは「こうやったらフルローンが通った」とか「空室率60%超えの物件を優良物件にできた」などの成功事例を紹介することが多いのですが、成功例の裏には失敗例もあるものです。

失敗例は実はあまり表には出て来ません。

失敗した当人が公表するケースはありませんし、失敗した人に係わっていた人としても進んで話題にするようなことではありません。
不動産投資で失敗をしたとしても、任意売却で物件を処分してしまうと、失敗という履歴そのものが消失するので、私たちにとっての“教訓”としての失敗事例というものは、なかなかあるものでありません。

その中でも、もし失敗事例を聞くことができるのは、たくさんの成功事例を聞くよりも有意義なことです。講演の中で“失敗”という言葉が出てきたら、絶対に聞き逃すことなくいたいものです。

セミナーは数多く参加する方がよい理由

セミナーには有料と無料のものがあります。
無料だからといって中味が薄いということはありません。

要は聞く方の土地位置によっては、無料のセミナーが最高の内容だったりするものです。そして、1回のセミナーに多くを望まないことが大切です。

時間はそう長いものではありません、1回のセミナーで吸収できることは限られたものです。1時間程度のセミナーに何回も参加し、いろんな専門家たちの話を聞くことの方が、多くのことを学ぶことができます。

不動産投資セミナーはどちらかというと無料のものが多く、時間さえ惜しまなければたくさんの知識を吸収でき、投資での失敗をする確率も少なくなります。

繰り返し多くの人の話を聞くことにより、近視眼的になりがちな考え方が多面的に見てみようという変化が起きてきます。
そうすることによって“甘い話”に騙されること無く、投資案件に対する正確な判断をすることができるようになります。

家賃保証をしていた“サブリース”物件の経営破たんがニュースになっていますが、「甘い話には必ず裏がある」ものです。不動産投資情報は“玉石混合”、正しい判断力を養う為に積極的なセミナーの活用をしたいものです。

近日行われる不動産投資セミナー

100万円の投資で2億円の資産をつくる!シノケンのアパート経営
全国主要都市で賃貸事業を展開する“株式会社シノケンプロデュース”のセミナー。
東京会場では毎週セミナーを開催し、仙台、名古屋、大阪、福岡でも随時開催しています。
不動産投資のリスクと回避方法や、有利な融資を受けるための条件、満室経営のポイントなど、アパート経営に関する実践的なセミナー内容です。
0から不動産投資を学べる不動産投資セミナー
東京都内を中心に賃貸マンションの開発、販売、管理を一貫として行う、不動産投資物件のスペシャリスト。
セミナーは10名限定と中味の濃い講演内容を心がけています。
ベルテックスの不動産投資セミナー
ほぼ毎日行われている新宿でのミニセミナー。
1.5~2時間ほどの時間ですが、アパート経営の基本7原則と、アパート経営で成功する為の8つのポイントを解説しています。
ゼロから始める目からウロコの不動産投資セミナー
4時間という内容の濃いセミナーを実施している株式会社セオリーファクトリー。
ワンルームマンションを主体とした賃貸事業を勧めています。
セミナー終了後に行われる参加自由の懇親会では、講演では聞けなかった裏話や、思わぬ人脈を広げる機会にもなっています。

関連コンテンツ

賃貸事業が順調にいく人といかない人の違いは、周りに不動産・建築・金融などの相談できる専門家がいるかどうかです。 順調にいく人は、物件の取得...

シェアする

フォローする