スポンサーリンク

信頼できる住宅営業担当者に出会える方法

家づくりに失敗しない為には、信頼できる相談相手を選ぶことが最も大切なこと。信頼できる人に巡り会えたら半分は成功したようなもの、家づくりの成功は出会った担当者によって決まります。

家づくりに失敗しない方法

信頼できる相談相手を見つける
当たり前なようですが、これが家づくりに失敗しない方法です!

  • 知識や経験がある
  • 適当な応対をしないしっかりした人間性
  • 気軽に思ったことを相談できる許容力がある

まず、このような人間を探すことです。

相談相手を探す

相談相手はどこにいるでしょうか?

  • ホームページで設計事務所を探す
  • 住宅展示場に行って、とりあえずいろんな担当者に会ってみる
  • 知人や友人から紹介してもらう
  • 資料請求をして資料を持参してくるたくさんの担当者の話を聞く

などとにかく一生に一度か二度の大きな事業です。相談相手は慎重に念入りに決めましょう。
相談相手によって全てが決まる!と言っても過言ではありません。
家づくりのスタートで、住宅展示場に行きますが、その本当の目的はこれだったのです。
では、住宅展示場に行くと営業マンに来られて困る!と思う方がたくさんいらっしゃると思います。
あるいは、展示場で話を聞いていると、つい相手のペースに乗ってしまってそのままずるずると・・・・となっても困る、と思う方も。

そこで、こんな方法はいかがでしょう!!

資料請求を使います。
資料請求は、ホームページにある資料請求ページや、雑誌に付いてくる請求用ハガキなどです。

資料請求をする時に、訪問はお断りとはっきり書きます。
次に、メールでの連絡はOKですとしましょう。
そして、資料が届くのを待ちます。資料が届く頃にメールが届くはずです。

資料は来たが、全然メールが来ないという場合は、あまり積極的ではない担当者に当ったのかも知れません。
その場合は、その会社はパスするか、あるいはどうしてもその会社の話を聞きたければ、その会社のHPにアクセスして、「問合せ」でメールを送ってみましょう。
メールの内容はこうです。

先日資料を送っていただきありがとうございます。もう少し詳しいことが知りたいので、メールで問合せをしようと思うのですが、どなたかご担当の方を紹介して下さい。ご担当の方の氏名・メールアドレスと、出来ればその方の経歴など簡単に教えて下さい。
尚、訪問されるのは困りますのでメールでご連絡お願いします。
としてみてはどうでしょう?

会社にとっては、すごく有難いメールです。
このような問合せが来ますと、経験の浅いあまり頼りにならない担当者は紹介してこないものです。

担当者が決まったら、メールによる打ち合わせを行ないます。
営業というのは、顔を合わすことによって人間関係が形成されて行きますので、まず、お客様に会うことなのです。
ところが、メールだけでのお話になると、人間味での親近感がまずありませんので、客観的に担当者のことを評価できます。

このように、数回メールで問合せ、回答をもらう。プランも相談してみる。ラフプランを作ってもらったら、画像ファイルにしてメールで送ってもらう。
こんな方法で、何社かの担当者とやりとりしているうちに、ある程度絞れて来ます。絞れたら今度は実際に担当者に会ってみる。会う場所はご自宅に来てもらってもいいでしょうし、モデルハウスで会うというのもいいでしょう。
まわりくどいようですが、これが確実に相談相手を見つける方法のひとつです。

もうひとつメールの良さを・・・・・

メールを送ったのに
さっぱり返信が無いと、何となく分かりますよねどういう人か?
文章を読んでいると何となく分かりますよね、どういう人か?

失敗しない家づくりコンテンツ

  1. マイホーム計画の第一歩は情報を集めることからスタート
  2. プランニングがつまってくると概算見積もりなど費用の概算をする
  3. マイホームの計画がほとんど出来上がってくると、いよいよ工事契約
  4. 工事が始まると忙しいもの打合せ通りに現場は進んでいるのか確認も
  5. 住宅産業はクレーム産業と言われる原因を分析する
  6. 契約違反と言いたくなるような工事会社の姿勢に呆れてしまう
  7. マイホームの計画が失敗してしまう原因の多くは業者側
  8. 信頼できる住宅営業担当者に出会える方法
  9. メールこそ言った言わないを防ぐ最大の武器
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする