スポンサーリンク

地域のビルダーや工務店に注文住宅を頼む方法

ハウスビルダーとは、施工範囲を限定して、地域密着的に事業を行っている住宅会社のことです。
もう少し規模が小さくなると、工務店と呼ばれたりします。

特殊な工法で住宅づくりを行っている会社が多く、工法そのものにこだわりを持つ方は、ハウスビルダーや工務店で建てる方法を選択することになります。

ビルダー・工務店とハウスメーカーの違い

ハウスビルダーや工務店と、ハウスメーカーとの違いをもう少しほり下げてみましょう。
ハウスビルダーや工務店は、もともと住宅建築のプロ!

ハウスメーカーは、もともと住宅とはまったく関係の無い業界から参入したケースが多く見られますが、ハウスビルダーや工務店はもともと住宅建築のプロです。
工務店や設計事務所が前身だったりします。

もともとがプロですから、工法・技術については、一定のレベルを持っていますが、古い体質の工務店も少なくありません。
また、ハウスメーカーと異なり、モデルハウスなどは無い事が多く、これまでに建てた住宅を案内してもらったりして、どんな特徴のある住宅なのか、住みごこちはどうなのかを、実際に住んでいらっしゃる方にお聞きするのが、より正確にハウスビルダーや工務店を把握できるでしょう。

逆に云うと、引渡しを終えた住宅に案内できない会社は敬遠した方がいいでしょう。

ビルダー・工務店の工法の特徴を把握する

ハウスメーカーとの差別化を図る為に、特徴のある工法で事業を行っている会社が多いのですが、工法そのものが、住宅ユーザーにとっては、まったくメリットが無い・・・といった工法もあります。

価格帯はハウスメーカーよりは低い設定となっており、坪あたり40~50万円(必要なオプション工事を含めて)ぐらいとなっています。
工法の特徴が、ユーザーにとって意味のある特徴かどうかを、充分に確認します。
パンフレットや、営業担当から説明をしっかり聞いて、判断して下さい。

説明をする方は、一方的に説明をすることが多いのですが、ほとんどは、その会社にとってのメリットばかりという特徴もあります。

よくある疑問の特徴

ユーザーにとってメリットと感じられない特徴とは?

  • 工期が短い
  • 現場作業が少ない
  • 合理化された工法

などの特徴ですが、これらはつくる側にとっては大事なことなのですが、ユーザーにとっては直接メリットがあるわけではありません。

注文住宅を建てる為の参考記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする